何より性格が大事?!

NBAで活躍する八村塁選手についての記事を読んでいて、

彼を評する別チームのHCの言葉に興味を惹かれました。

 

「このリーグに入ってくる選手にとって、才能に加えて性格がいいということはプラスになる。その2つがあれば、だいたいすばらしい選手になるからね」

 

というのも、私もチアリーダーを育てる、もしくはオーディションなどで選抜する際に

「性格がいい」

ということを重視しているからです。

 

‘どういう人がチアリーダーとして成長する?’

‘オーディションで何を見てる?’

と良く聞かれますが、

私の答えは

「性格や人格。パーソナリティ」

です。

 

もちろん他の要素もありますが、これを外すことは出来ません。

 

オーディションという数時間でその人の性格が分かるの?!

ともよく聞かれますが、

 

はい、分かります。

(この話は長くなるので別の記事に・・・)

 

では、チアリーダーとしての「性格の良さ」とは?

 

まず、チアを経験したことがあればチアスピリットを持っているか、

経験がない・浅い場合はチアスピリットを育める心を持っているか、

これがまず最初に来ます。

 

*チアスピリットとは?の記事はこちら↓*

https://cheer-spirit.com/blog/2019/11/3237

 

誰でも何歳でもチアスピリットは持てるし、伸ばしていくことはできます。

ただ、簡単に身に付くというものでもないので、

日々意識することが必要ですね。

 

その他の「チアリーダーとしての性格の良さ」については・・・

 

また別の機会に書きたいと思います^^

 

Moeko

☆養成講座Q&A☆パート2

パート1はこちらから☆

 

Q:チアの経験が全くないですが、受講可能ですか?

A:可能です。

チア入門キッズチア講師養成講座では基礎中の基礎の部分から学んでいきますので、ご自身にチアの経験がなくても問題ございません。

もちろん受講までにご準備していただくとよりスムーズに授業に入れるかと思いますので、

webやyouTubeなどでチアの世界について予習されることをお勧めします。

 

Q:3日間のうち1日は仕事の為参加することができないですが、受講できますか?

A:会場に来れない日がある場合はweb受講(skypeもしくはZoomを使用)が可能です。

また、認定試験の前に行われる試験前講習でもフォローアップさせて頂きます。

 

Q:講座は全て座学ですが?

A:座学が3割、実践が7割くらいです。

キッズチア講師としてレッスンを行えるレベルを目標とし、実際のレッスンを想定した授業内容となっています。

 

Q:遠方に住んでいるので、東京や名古屋まで受けに行くことができません。

A:3人以上受講する方がいらっしゃれば、出張開催させて頂きます。

料金については info@cheer-spirit.com までお問い合わせください。

 

チア入門キッズチア講師養成講座の詳細はこちらから!

https://cheer-spirit.com/kids/

 

理事のMoekoについて②

その1を書いてからかなり時間が経ってしまいましたが、

続きです!

 

プロスポーツ専属のチアリーダーを卒業した後に、

仲の良いチアリーダーたちとチームを結成。

 

といっても、楽しい仲間たちと楽しくチアができれば良いな、という気持ちで

自分たちでダンスを作ったり、衣装を作ったり

あくまで’趣味’として活動していました。

 

せっかくなので、どこかで披露しよう!と出演の機会を探していくうちに

メンバーの繋がりから一つ二つと出番が増え、

企業のイベントや養護学校、

また、ラグビーやビーチバレーなど、スポーツの試合やイベントで踊らせていただく機会が幸運なことにいくつもありました。

 

その活動の中では、

「自分がチアリーダーとして踊る」と同時に

ダンスを作りフォーメーションを決めたり、衣装を決めたり人を集めたりといった

「ディレクションする」活動も同時に行なっていました。

 

好きな仲間と、好きな衣装を着てダンスを踊ることももちろんとても楽しかったですが、

一方で

自分が作ったものが会場でうけた、マッチした、という別の喜びも感じる様になっていました。

 

 

同じ頃に、

レッスンを持って人に教えてみないか?

というお誘いを頂きました。

その時は会社員として平日は働いていたので、

週末に月2回だけ。

 

まさか自分が人に教えることになるなんて

それまでは全く想像もしていなかったのですが、

せっかく頂いたチャンスなので

挑戦してみよう!と思い

インストラクターの道がスタートしました。

 

ここでも生徒さんたちや環境に恵まれたおかげで

教えることの楽しさを感じ始めました。

 

つづく