センター争い〜チアリーダーあるある④

キッズ講師の方から受ける質問の中で多いのが

ポジション配置
つまり、
誰がどこで踊るかを決める
という問題である。
「なんで私はセンターじゃないの?」
「1列目で踊れないのはなぜ?」
保護者の方からも
「なんでうちの子がセンターじゃないの?」
「あの子が1列目なのはなぜ?」
などとご意見があったりする。
私自身も現役時代に同じ様に疑問に思ったことがあるし、
指導側になってからも
この質問に答え続けてきた。
リトルクラス(未就学児)でも出てくるし、
プロのレベルになってもこの意見は無くならない。
そもそも
「センター争い」
という言葉は
アイドルグループの主役争いを
ドラマティックに表す表現として生まれたもの。
これがチアの世界にまで影響してきてるわけである(苦笑)。
にも書いたが、
パフォーマンスの際に見る人が一方向(=正面)だけにいる場面の方が少ないので、
1列目や真ん中の人だけ目立つという訳ではない。
フォーメーション(隊形)が変わることも多いし、
また、
‘全体で魅せる’
という性質もあるので
背の高さなどのバランスで配置を決めることもある。
なのでチアリーダーの皆さん、
「センター争い」
という言葉にとらわれ過ぎないように気をつけましょう。
とはいえ、
踊るからにはセンターで踊りたい?!
そんなあなたの為に次回は
振付や指導する側がどうやってポジショニングを考えるか
について書こうと思います。

目標をクリアする人、そうでない人①

皆さんの目標は何ですか?

 

チアリーダーの方は、個人やチームの目標を立てたことがあったり、

将来の目標があったりすると思います。

 

チア講師の方であれば、

レッスンの中で生徒さんに目標を言ってもらったり、

チームとしての目標があったりするでしょう。

 

でも、実際に

‘目標を達成する’

ことって意外と難しいですよね?

 

頑張っても結果が出なくて

悔しい想いをしたことがある方も多いと思います。

 

私もたくさん経験があります。

「こんなに頑張ったのにオーディションに落ちた」

「自分のベストを尽くしたのに賞を取れなかった」

「時間をかけて準備したのに仕事で結果が出なかった」

 

 

そんな時、恩師に言われた一言で

ハッと目が冷めました。

 

「それって頑張っている’つもり’になっているだけじゃない?」

 

結果が出なかった時のことを振り返ると、

それは

ただ自己満足しているだけの頑張りだったのです。

 

 

それからは、何かを成し遂げたい時

必要な努力を

正しく行える様に

心がけています。

 

自分が指導する立場になってからは

これを生徒やメンバーに意識してもらえる様にしています。

 

 

目標に近づけていない、と感じた時は、、、

 

つづきは

その②から

 

チンアップして!〜チアリーダーあるある③

では、

‘良い’スポーツチームのチアリーダーとは?

 

その2にも書きましたが、

 

試合が行われる環境(屋内なのか屋外なのか、観客がどこから見てるか、距離はどのくらいか)

その競技の特性や応援スタイル

お客さんの層・地域性、

チームや競技の歴史、

 

この辺りに配慮するのはマストです。

 

しっかりしたチームであれば、

これに基づいたチームの活動方針や方向性が

コーチやディレクター、チームスタッフなどから示されるはず。

 

もしそうでなくても、

チアリーダーそれぞれが意識することで変わってくるでしょう。

 

例えば、チアをやっている方なら

「チンアップして(アゴを上げて目線はまっすぐより上を見る)」

と言われたことがあるはずです。

 

では具体的にはどれくらいアップするのか?

 

それは観客が

自分たちが踊る位置と同じ高さにいるのか?

それとも上にいるのか?

 

によって異なります。

 

私がプロスポーツチームのチアチームを指導していた時は

チンアップをどれくらいするか、目線をどこに持ってくるか、などを

踊る場所が変わる度に決めていました。

 

ダンスはとても上手なのに、どこかチグハグな印象を受けるチーム

技術はそこまで高くなくても、訴えるものがあるチーム

この違いは、こういった細かい意識の部分から出てくるんですよね。

 

 

まだまだありますが、これ以上はかなりマニアックになりそうなので

私のnoteに今後書いていこうと思います(^^)

 

 

チアは盛り上げる人?〜スポーツチアあるある①

チアリーダーってどんな人でしょう?

 

cheer=応援
leader=リードする人

つまり’応援をリードする’人。

 

正解です。

 

ただ、これは当たり前中の当たり前の話。

 

 

ではスポーツチームのチアリーダーの役割とはなんでしょうか?

 

そのチームが何十年という歴史を誇るプロチームで、

すでにたくさんのファンがいて応援スタイルも出来上がっているとしたら?

 

‘応援をリードする’必要がなければ、そこにチアリーダーがいる意味は何でしょうか。

 

 

試合前や試合の合間にダンスをして会場を盛り上げること!

 

それも役割の一つですね。

 

ただ、’盛り上げる’ことを主眼におけば、

プロのミュージシャンやパフォーマー、

人気のアイドルグループに来てもらった方が盛り上げるわけです。

 

また、

人気のあるチームであればあるほど、

選手にクローズアップした演出の方が喜ばれるでしょう。

 

 

そんなチームでチアリーダーだったとしたら、あなたの出来ることは何でしょう?

 

 

では、逆に

人気と成績が低迷しているチームの….

 

その2に続きます!

オーディションの裏側とは?!〜ダンサー×チアリーダーの世界

世界で活躍されるフォトグラファーのMomokoさんと

チアスピリット理事のMoekoが

 

ダンサーとチアリーダーの世界について対談しました。

 

オーディションで求められるものとは?

世界で活躍するダンサーとそうでない人との違いとは?

 

対談動画の第1弾をお楽しみください!

 

 

 

 

 

オンライン講座日程(2020/7~10)

チアインストラクター養成講座 チア入門キッズチア講師

 

◆オンラインで受講できる日程について◆

 

 

<オンラインで全て完結!夏季集中講座>

 

養成講座から認定試験まで、全てオンラインでおこないます。

日程や申込方法については決まり次第お知らせします。

 

オンライン講座の流れはこちらから

 

〜こんな方にオススメ!

☆東京や名古屋以外、または海外にお住まいの方

☆お仕事が忙しく、纏まって勉強する時間が普段は取れない方

☆お子様が小さく、家でスキルアップしたい方

 

 

<チア入門キッズチア講師養成講座@名古屋第3期>

 

【養成講座】

<Day1> 2020年8月30日(日) 13:00〜18:00

<Day2> 2020年9月6日(日) 13:00〜18:00

<Day3> 2020年9月13日(日)14:30〜18:00

 

【認定試験】

2020年10月4日(日) 15:00〜

 

*会場での受講とオンラインを組み合わせて受講することもできます

(例:Day1はオンラインで受講、Day2,3は会場での受講)

*養成講座と認定試験を全てオンラインで受けることもできます

 

詳細やお申込はこちらから

 

〜こんな方にオススメ!

☆Face to Faceで学びたい、でも全ての日程には参加できない、という方

☆基本はオンラインで、必要な内容は会場に行って学びたい方

 

 

この機会に

正しい知識と技術を身につけ、

次への一歩を踏み出してみませんか?

【動画公開】おうちでチアレッスン #チアをとめるな2020

日本では緊急事態宣言が解除され、

チアリーダーの皆さんも少しずつ活動が再開できるようになってきたかと思います。

 

ただ、まだレッスンに行けなかったり、

レッスンに行くことが不安なチアリーダーもいるのではないか、

 

そんな状況で私たちに何ができるか?

と考え、

チアスピリットでは

「家でもできるチアレッスン」の動画を制作いたしました。

 

https://youtu.be/yv-o4EeQbkI

↑クリックすると見られます

 

☆家の中でスペースが小さくてもOK

☆ジャンプしないので、マンションでもOK

☆シンプルなので子供から大人(何歳でも!)OK

 

という内容です!

 

https://youtu.be/yv-o4EeQbkI

↑クリックすると見られます

 

画面を通じてですが、

たくさんの笑顔をお届けできたらと思います!

 

また、本動画の公開にあたり、

学習支援という形で子どもたちのための活動を続けるNPO法人キッズドアを

応援するための寄付を行うことに致しました。

 

PayPalを使用して寄付する

https://www.paypal.me/cheerspirit

Baseを使用して寄付する

https://cheerspirit.thebase.in/items/29917881

 

👉頂いた金額全てを一般社団法人チアスピリットからNPO法人キッズドアへ寄付します。

キッズドアの活動にご共感いただけましたら、是非ご協力をお願いいたします。

 

 

NPO法人キッズドアについて

https://kidsdoor.net/

コロナに負けるな!プロジェクトについて

https://peraichi.com/landing_pages/view/kidsdoor-covid19