目標をクリアする人、そうでない人①

皆さんの目標は何ですか?

 

チアリーダーの方は、個人やチームの目標を立てたことがあったり、

将来の目標があったりすると思います。

 

チア講師の方であれば、

レッスンの中で生徒さんに目標を言ってもらったり、

チームとしての目標があったりするでしょう。

 

でも、実際に

‘目標を達成する’

ことって意外と難しいですよね?

 

頑張っても結果が出なくて

悔しい想いをしたことがある方も多いと思います。

 

私もたくさん経験があります。

「こんなに頑張ったのにオーディションに落ちた」

「自分のベストを尽くしたのに賞を取れなかった」

「時間をかけて準備したのに仕事で結果が出なかった」

 

 

そんな時、恩師に言われた一言で

ハッと目が冷めました。

 

「それって頑張っている’つもり’になっているだけじゃない?」

 

結果が出なかった時のことを振り返ると、

それは

ただ自己満足しているだけの頑張りだったのです。

 

 

それからは、何かを成し遂げたい時

必要な努力を

正しく行える様に

心がけています。

 

自分が指導する立場になってからは

これを生徒やメンバーに意識してもらえる様にしています。

 

 

目標に近づけていない、と感じた時は、、、

 

つづきは

その②から

 

 

本物のインストラクターを目指そう!

資格をとって「好き」を仕事に

チアインストラクター養成講座

チンアップして!〜チアリーダーあるある③

では、

‘良い’スポーツチームのチアリーダーとは?

 

その2にも書きましたが、

 

試合が行われる環境(屋内なのか屋外なのか、観客がどこから見てるか、距離はどのくらいか)

その競技の特性や応援スタイル

お客さんの層・地域性、

チームや競技の歴史、

 

この辺りに配慮するのはマストです。

 

しっかりしたチームであれば、

これに基づいたチームの活動方針や方向性が

コーチやディレクター、チームスタッフなどから示されるはず。

 

もしそうでなくても、

チアリーダーそれぞれが意識することで変わってくるでしょう。

 

例えば、チアをやっている方なら

「チンアップして(アゴを上げて目線はまっすぐより上を見る)」

と言われたことがあるはずです。

 

では具体的にはどれくらいアップするのか?

 

それは観客が

自分たちが踊る位置と同じ高さにいるのか?

それとも上にいるのか?

 

によって異なります。

 

私がプロスポーツチームのチアチームを指導していた時は

チンアップをどれくらいするか、目線をどこに持ってくるか、などを

踊る場所が変わる度に決めていました。

 

ダンスはとても上手なのに、どこかチグハグな印象を受けるチーム

技術はそこまで高くなくても、訴えるものがあるチーム

この違いは、こういった細かい意識の部分から出てくるんですよね。

 

 

まだまだありますが、これ以上はかなりマニアックになりそうなので

私のnoteに今後書いていこうと思います(^^)

 

 

本物のインストラクターになろう!

資格をとって「好き」を仕事に。

チアインストラクター養成講座

チアは盛り上げる人?〜スポーツチアあるある①

チアリーダーってどんな人でしょう?

 

cheer=応援
leader=リードする人

つまり’応援をリードする’人。

 

正解です。

 

ただ、これは当たり前中の当たり前の話。

 

 

ではスポーツチームのチアリーダーの役割とはなんでしょうか?

 

そのチームが何十年という歴史を誇るプロチームで、

すでにたくさんのファンがいて応援スタイルも出来上がっているとしたら?

 

‘応援をリードする’必要がなければ、そこにチアリーダーがいる意味は何でしょうか。

 

 

試合前や試合の合間にダンスをして会場を盛り上げること!

 

それも役割の一つですね。

 

ただ、’盛り上げる’ことを主眼におけば、

プロのミュージシャンやパフォーマー、

人気のアイドルグループに来てもらった方が盛り上げるわけです。

 

また、

人気のあるチームであればあるほど、

選手にクローズアップした演出の方が喜ばれるでしょう。

 

 

そんなチームでチアリーダーだったとしたら、あなたの出来ることは何でしょう?

 

 

では、逆に

人気と成績が低迷しているチームの….

 

その2に続きます!

 

 

本物のインストラクターになろう!

資格をとって「好き」を仕事に。

チアインストラクター養成講座